MENU

[AD2]addictive drums 2の使い方のコツ3選

ドラム音源として圧倒的な使いやすさと即戦力を誇るのがaddictive drums 2です。

その理由は次の3つ

  • 完成された中毒性の高いドラムサウンド
  • 豊富な奏法、
  • 多くのドラムパターン

BFD3のように音作りを追い込めるタイプではありませんが「プロレベルで使える完成した音」を満喫したDTM初心者にはかなり頼もしい相棒ですし、中級上級者であってもやりたいことをすぐに形にしてくれる素晴らしいドラム音源です。

この記事ではxln audio addictive drums 2の使い方について初心者でもすぐに使えるレベルでお話していきたいと思います。

目次
UG
作編曲家(DTMブロガー)
作編曲家/DTMブロガー&講師 /
日本シンセサイザー協会準会員/
テレビ番組/CM、映画、よさこい、
ゲーム、などのBGM及び効果音を作成

xln audio addictive drums 2インストール方法

xln audio addictive drums 2はオンラインインストーラーを使ってインストールします。

画像

クリックしてRegister Product keyをクリック

画像

左のRegister Product Key Online…をクリックすると公式サイトのうつります。

画像
画像

購入した際に送られた(付属)Product Keyを「Enter your Product Key」に入力すれば先程のオンラインインストーラーの左に購入したパックが表示されます。

xln audio addictive drums 2の保存先の変更方法について

ここで一つ注意点があります。通常のインストール先はOSが入っているストレージになりますが、可能であれば外部ストレージにインストールすることでOSストレージを圧迫せずにすみます。ストレージを変更する場合はインストールよりも前に変更しておきます。方法はオンラインインストーラーのRegister Product keyの下にあるInstallation Pathsをクリックし

画像

次の画面で任意のストレージを選択するだけでOKです。

画像

xln audio addictive drums 2の使い方

xln audio addictive drums 2のドラムマップ(キーマップ)を理解する

addictive drums 2のキーマップは一般的なドラム音源でよく使われているGM配列ではありません。そのためまずはどの鍵盤にどんな音が入っているのか?その音色の効果を簡単にでも理解しておくことが大切です。

スネアの奏法の使い方

画像

左に書かれているのはMIDIキーのナンバーです。中央の32はC1を意味します。

36はキックであり、特に迷うことはありません。

次のスネアの奏法を理解するのががaddictive drums 2の打ち込み時に重要です。

キーナンバー37〜44はスネアになります。

スクロールできます
Keyナンバー奏法名効果
37Snare RimShot音が硬いため抜けがよいサビなどで使うとよい
38Snare Open Hit一般的なスネアの音、
39Snare RimShot(dbl)Snare RimShotと交互に打つとらしさがでる。リアルタイム打ち込み時に効果的
40Snare Open Hit(dbl)Snare RimShot(dbl)をアクセントとして併用すると立体的な打ち込みになる。
41Snare Shallow RimShotスネアの中央より少しだけ端を叩くことでピッチが高くなる。ゴースト・ノートやロール時にOpenHitからShallowに移動させると効果的
42Snare SideStickボサノバやバラードで使われるRimサウンド
43Snare Shallow Hit高く硬い音になるので、RimShotのバリエーションとして使える
44Snare RimClickRimを叩くことでリズミカルな演出ができる(サンバなど)

鍵盤には(dbl)と書かれたものがあります。。これはラウンドロビンを交互に入れ替えている形です。イメージ的には右と左で叩き分けるときのイメージで使うとよいでしょう。

ハイハットの使い方

画像
Keyナンバー奏法名効果
48HH Foot Choseジャズなど効果的スティックがあたっていない分音は暗い
49HH Closed1 Tip硬いクールな音、16ビートやハイハットを明るくしたくない場合に使う
50HH Closed1 Shafttスティックの腹で叩く、重くパワフルな音8ビートの刻みによく使う
51HH Closed2 TipClosed1 Tipよ少し開き気味、ビートに少し明るさがほしいとき使う
52HH Closed2 ShaftClosed1 Shafttより明るく伸びがあるのでテンポの8ビートに効果的
53HH Closed Bellハイハットの頭の部分を叩く、あまり使われない。
54HH Open A開き具合のバリエーション 少し派手にしたいAメロなどに効果的
55HH Open B開き具合のバリエーション ハイハットでカウントするときに使う
56HH Open C開き具合のバリエーション Bのバリエーション
57HH Open D開き具合のバリエーション リリースが長く一番派手
58HH Open Bellハイハットの頭の部分を叩くいたときのOPENサウンドあまり使われない。
59HH Foot Splashフィルインやドラムソロなどで、シンバルのサウンドを足したい時に使う

xln audio addictive drums 2のドラムマップ(キーマップ)変更する

xln audio addictive drums 2のドラムマップは一般的なドラム音源の配置のStandardであるGM配置とは異なるオリジナル設定です。それゆえに「xln audio addictive drums 2のドラムでの打ち込みは難しい」と感じる人もいます。

addictive drums 2のキーマップ 変更はメニューの一番右「?]をクリック→mapwindowをクリックするとxln audio addictive drums 2のドラムマップ(キーマップ)が表示されます。

画像
画像
画像

一般的なGMキットにしたい場合は、左上のAD2Standardというところをクリックすると各種キーマップが表示されるのでそこからGMを選択することでGM配置になります。

画像

xln audio addictive drums 2のパラアウトの使い方

xln audio addictive drums 2をDAWのミキサーに送ることで任意のVST/AUプラグインを使って音作りができます。方法はLogic Proの場合音源を選択するときにマルチ出力のaddictive drums 2を選択

画像

あとはaddictive drums 2が立ち上がっているフェーダーのプラスボタンを押すとマルチ出力のミキサーウィンドウが出てきます。

画像

addictive drums 2でのマルチアウトの方法はミキサー画面で下の矢印ボタンをクリックすると次のようなウィンドウが開きます。ここでSeparate Outを設定すると任意のチャンネルに振り分けてくれます。

画像

ただパラアウトは少し気をつけなければいけないことがあります。それはPost FaderとPre Faderの存在です。

Separate Out(Pre Fader)を選択すると、addictive drums 2のミキサーフェーダーをゼロにしてもDAW側に出力されます。なので、addictive drums 2のフェーダーを調整した分だけDAWに送りたい場合はPost Faderを選択しましょう。

パラアウトによる音作りも楽しいですが、まずはしっかりとドラムの音作りの基本を知っておくとパラアウトによる音作りはさらにクオリティが高くなります。

そのコツは、マイクの距離感による音作り、これを覚えればイコライザーやコンプを使わなくても存在感のあるドラムサウンドを作ることが可能です。

xln audio addictive drums 2のCPU負荷について

CPU負荷チェックは次の環境で行いました。

  • パソコン  Macmini2018
  • CPU  Corei7(i7-8700B)6コア HT使用時12コア 3.2GHz/ターボブースト(TB)使用時4.6GHz
  • メモリ 32GB
  • システム OS10.14.6 Mojave
  • Audio/IF Apogee symfony Ensemble
  • バッファー 256
  • DAW   LogicPro10.6.1
  • 48kHz/24bit
  • xln audio addictive drums 2インストール環境はSSD
画像
CPU負荷逃しなし
画像
CPU負荷逃しあり

プラグインが刺さっていないトラックを選択することで負荷が分散できる「負荷逃し」を使えばCPU負荷はかなり軽くなります。

CPU負荷逃しについて詳しくお知りになりたい人はこちらの記事が参考になります。各DAWの負荷チェックをしたときに負荷逃しのある無しでの結果を纏めた記事です。

xln audio addictive drums 2のメリット

軽くて使いやすい!

addictive drums 2のドラムパック平均で700MB程度の容量です。

動作条件2GB以上のメモリ(4GB以上を推奨) ADpak 1つで700MB以上のディスク空き容量(ADpak、MIDIpak、Kit pieceを追加した場合は、さらにHDDの空き容量が必要となります) 高速なインターネット回線(インストールに必要) 要Addictive Drums 2

h-resolution ADpak Black Velvet ページ動作環境より

BFD3 ModoDrum、SSD5 NIのDrumシリーズ、これらと比べてもとにかく圧倒的な軽さです。そのためサンプルロードに時間がかかるということはまったくありません。一瞬で使えるキットが読み込まれます。この手軽さになれてしまうといくらBFD3がSSDに入っていても「遅い」と感じてしまいます。

速さは正義です。たかが数十秒の違いであってもそれがつもり積もれば年間ですごい時間の差が発生します。

中毒性のある完成された音

addictiveとは中毒性という意味です。その名前の通りとにかく何度も使いたくなってしまうほど完成されたかっこいい音がスタンバイされています。その要因の一つはオーソドックスなエフェクトからtubeエミュレータなどのエフェクトの質です。

このエフェクトの質を継承しながらよりアグレッシブな音作り用のエフェクトプラグインなのがrc-20 retro colorです。同じメーカーなこともあってaddictive drums 2との相性も抜群です。

ドラムの音作りじに自信がないという人は下手にイコライザーやコンプで変なドラムサウンドにしてしまうならxln audio addictive drums 2のプリセットを使う方がよっぽどクオリティの高いドラムサウンドになります。

xln audio addictive drums 2のデメリット

完成されすぎたゆえに……

xln audio addictive drums 2の音は個性が強いので「あっ!これはxln audio addictive drums 2の音だ!」とわかってしまうことがあります。個性を求める人はエフェクト系をすべてOFFにしてDAW側で音作りをすることをおすすめします。

シンバルは個別パーツとして存在しない

xln audio addictive drums 2のミキサーには立ち上がっているのはキック、スネア、ハイハット、タム、その他、であってシンバルはありません。シンバルはOHの中に収録されています。なのでOHの音量を小さくしすぎるとシンバルが聞こえにくい場合があります。

画像

その場合はKITからシンバルを選択、シンバルのアイコンの右にあるスライドバーを上下することで音量を変更できます。

画像

addictive drums 2の容量 確認方法について

インストール時にInstallation Paths設定した場所にXLN Audioというフォルダがあります。

画像

それを下位に辿っていくと各プリセット収録された次の画像のフォルダが出てきます。

ファイル名の意味は

ADAPは購入したadpak

ADKPは購入したキットピース

ADBVはおそらくxln audio addictive drums 2の中で選べるキットのデータと思われます。

という名前のフォルダが購入したadpakになりその中のファイル名を選択すると容量が確認できます。

画像

私が所持ているadpakの容量は以下のようになっています。

ADAP1044_Black_Oyster.xpak354.9MB
ADAP1056_Metal.xpak636.1 MB
ADAP1042_Studio_Pop.xpak434.4 MB
ADAP1058_Session_Percussion.xpak439.2 MB
ADAP1059_Black_Velvet.xpak562.4 MB
ADAP1064_United_Heavy.xpak583.5 MB

xln audio addictive drums 2セットについて

xln audio addictive drums 2は以下の内容物によって価格が異なります。

  • ADpaks (ドラムキット)
  • MIDIパック(ビート)
  • キットピースパック(シングルキットピース)

ADpaks は多くのサイトで購入できますが、MIDIパック、キットピースパックは公式サイトでの購入になります。

xln audio addictive drums 2のセットは次の5つになります。

addictive_drums 2の画像

xln audio addictive drums 2

価格(+ TAX)¥18,709

3つのクラシックなサウンドのドラムキット

xln audio addictive drums 2 ADpaks
画像画像画像
MIDIパック
0(含まれていない)
キットピースパック
0(含まれていない)
画像

xln audio addictive drums 2 Creative Collection

価格(+ TAX)¥36,323

すべてのスタイルに対応する6つのドラムキット

xln audio addictive drums 2 Creative Collection ADpaks
画像画像画像画像画像画像
MIDIパック
画像画像画像
キットピースパック
0(含まれていない)
画像

xln audio addictive drums 2 Rock & Metal Edition

価格 (+ TAX)¥18,709

ロックとメタルに特化したセット。アタックの鋭いキックや抜けの良いスネアはなどを収録

ADpaks
画像画像画像
MIDIパック
画像画像画像
キットピースパック
画像画像画像
画像

xln audio addictive drums 2 Beat Producer Edition

価格 (+ TAX)¥18,709

ビートメーカーのための3つのドラムキット

ADpaks
画像画像画像
MIDIパック
画像画像画像
キットピースパック
画像画像画像
画像

xln audio addictive drums 2 Complete Collection

価格¥77,168

addictive drums 2 fullバージョンともいうべき21のドラムキット すべてが含まれている究極のセット

Complete Collectioはxln audio公式サイトのみの販売

ADpaks
画像画像画像画像画像画像画像画像画像画像画像画像画像画像画像画像画像画像画像画像画像
MIDIパック
画像画像画像画像画像画像画像画像画像画像画像画像画像画像画像画像画像画像画像画像画像画像画像画像画像画像画像画像画像画像画像画像
キットピースパック
画像画像画像画像画像画像画像画像画像画像画像画像画像画像
画像

xln audio addictive drums 2 Custom

価格 (+ TAX)¥18,709

3つのドラムキットから 選べるカスタムセット

画像

xln audio addictive drums 2 Custom XL

価格(+ TAX)¥36,323

6つのドラムキットから 選べるカスタムセット

カスタムになるとどれを選んでいいか分からない!という人が多くいますが、そういうときはサイズと材質で選ぶのがポイントです。サイズはピッチや音の余韻、材質で音色感が出てくるので、それらをかぶらないようにするとバランスの良いキットが構築できます。

システム要求

マック

  • macOS 10.9以降(32ビットおよび64ビット)
  • 2 GB RAM(4 GBを推奨)
  • インターネット接続(インストール時のみ)

フォーマット:

  • VST、AU、AAX(32ビットおよび64ビット)
  • スタンドアロンアプリケーション 

ウィンドウズ

  • Windows 7、8、10(32および64ビット)
  • 2 GB RAM(4 GBを推奨)
  • インターネット接続(インストール時のみ)

フォーマット:

  • VST、AAX(32ビットおよび64ビット)
  • スタンドアロンアプリケーション

xln audio addictive drums 2さいごに

未だに軽さNo1の称号を持ち続けるxln audio addictive drums 2は初心者から上級者まで多くの人が愛用しているドラム音源です。DAW付属のドラム音源に飽きた!もっと個性的なドラム音源がほしい!という人にはxln audio addictive drums 2はオススメです。

製品版ではなくまずはデモをしっかり触ってみたいという人はaddictive drums 2 Free[Demo]バージョンがオススメです。

詳しくこちはの記事を参考にしてみてください。

良いドラム音源を買ったらしっかりとドラムの打ち込み基礎を高めることでよりドラム音源のクオリティは本領発揮します。ドラムのクオリティをもっと高めたい!という人は以下の記事を参考にしてみてください。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる