どうもUGです。

こちらの記事をたくさん読んでいただき本当にありがとうございます。

トップエンジニア飛澤正人に弟子入りして盗んだミックステクニック3つ

今後もみなさんのお役にたつような記事を書いていきたいと思います。

さて今日は私が使っているドラム音源BFD3のスネアにある

Half edgeについて調べてみました。

スネアの叩く場所

BFD3のスネアには以下の奏法が収録されています。

(パーツによってないものもあります)

Hit(スネアの真ん中を叩く)

Drag(引きずるように叩く)

Flam(少しずらし両手でスネアを叩く)

Rim Shot(皮の部分と縁の部分を叩く)

Side Stick(皮の部分を抑えて縁の部分だけ叩く)

Half Edge(真ん中とリムの間を叩く)

Variable

Rim Click(スネアの縁だけを叩く)

Choke

とバリエーションが様々です。

Half edgeとは

上記の通りスネアの真ん中とRimの間くらいをたたくことで

Rimよりになることでスネアの皮が張っている部分を叩くので

音が固くなります。Hitより抜けが良くなります。

なぜ、Half edgeを叩くと音が固くなるかというとのは

倍音と大きく関係しています。

 

大太鼓や小太鼓、ティンパニなどのヘッドを有する打楽器は、中心から発生する第2倍音を消されてしまうために中心を叩くと豊かな響きが得られません。ティンパニはヘッドの半径1/3の部分が最も良い響きが得られるとされています。

http://music.animato-jp.net/baion.html

HitがHalf Edgeよりピッチが低く感じる理由は上記の理由からだったことがわかります。

Halfedgeの役割はRimShotは必要ないけどHitよりは抜けが良い音がほしいときに使うのがよいかもしれません。

スポンサードリンク

EdgeとHitを織り交ぜるRollの打ち込み

Edgeが何かをわかってくるとスネアの役目がさらに明確にでき

楽曲にメリハリを付けられます。

またRollを打ち込む時にも非常に役に立ちます。

 

Rollを打ち込むイメージとして

小さい音から大きく変化することと思っている人は

ベロシティの変更だけにとどまりますが、

それだと非常にのっぺりとしたRollになります。

Half Edgeのみ

最近のドラム音源は同音連打によるマシンガン効果をなくすため

毎回違うサンプルを再生してくれるのでまぁこれでもよいという感じもあります。

Half EdgeからHitに変更

最初はedgeから始まってHitにもっていくイメージで打ち込みました。

サンプルに切り替えがポイントとなるので、中々難しい打ち込みでもありますが、

高い音から太い音へと変わっていくのでRollの中に表情が生まれます。

Dragのみ

dragの連打でも悪くはないですね。

ただすごくキレイなロールという印象があります。

 

 

このようにEdgeとHitを理解できると、よりリアルなRollの打ち込みが可能になります。

スポンサードリンク

さいごに

HalfEdgeとは奥が深い音色だというのがわかっていただけましたでしょうか?

みなさんもHalf Edgeを有効に使ってかっこいい曲を作ってください。