どうもUGです。

久々のArturiaネタです。

V collectionを買っていろんなシンセを触る人はたくさん

いると思いますが、その中でも操作が複雑なシンセサイザー

それが、

「MODULAR V」です。

これはパッチシンセと呼ばれるもので、

自分で音の流れを作ってやって音を作るシンセのことです。

 

一見複雑そうに見えますが、実は思っているより簡単です。

この記事を読み終わるころには

MODULAR Vの音の出し方と大まかなエディットはマスターすることができます。

今日は基礎編ということで各セクションと音の流れについて

お話したいと思います。

MODULAR V

仕様は

9 オシレーター、6 エンベロープ、ミキサー、ステップシーケンサー

エフェクト(ディレイ 、リバーブ モジュレーション系)となります。

画面は三分割されて

一番上からフィルターモジュレーション関係のセクション1

2段目オシレーター アンプ、エンベローブ関係のセクション2

3段目ステップシーケンサー/エフェクト関係のセクション3

4段目の簡易エディット 発音数設定 キーボード画面の セクション4

から成り立っています。

 

めちゃ難しそうな画面ですね。

何から触ればよいか分からなくなります。

なので全部の線を外します。

外し方はつながっている先をクリックしてジャックからずらしてやると

パッチ線は消えます。

頑張って外しましょうw

 

ここでシンセサイザーの基本の音の流れを覚えましょう。

オシレーター

シンセサイザーは

[オシレーター]→[ミキサー]→[フィルター]→[アンプ[(出力)の順で音がでるようになっています。

moogで確認するとわかりやすいですね。

この流れをMODULAR で作ればよいだけの話です。

さて、全ての線を外してもっともシンプルな形にしましょう。

1VCO 1VCF 1VCAの形になるようにします。

MODULAR Vの9つのオシレータにはサイン波 三角波(Tri) ノコギリ波(saw) 矩形波波(Square))の4つがあります。

画面では上から三番目のSAW波がSOFT CLIPと書かれているジャックにつながっているのがわかります。

この部分がミキサーになります。

つまり、全部のオシレーターをこのジャックにつなぐことで音を出すことができるようになります。

VOLと書かれたノブがボリュームとなります。

これが一番左の状態だと音はでないので注意が必要です。

スポンサードリンク

 

2つ以上のオシレーターを使う場合は

SOFT CLIPと書かれた上のLINKという項目があります。

ここをクリックすることで点灯し、オシレータがミキサーに入ります。

一つ注意が必要なのが三角波(tri)は

DRIVERと書かれたPULSE WIDTHが左に振り切れていると音が出ません。

三角波を出力したい場合はかならずPULSE WIDTHを右に回して

このみの音色になるように設定します。

 

ここまでの確認をします。

シンセサイザー(MODULAR V)にかぎらず、

音が流れる順番は

オシレーター ミキサー フィルター(エンベローブ) アンプ(出力)

です。

MODULAR Vのおけるアンプ(出力)はVOL。

流れとしてはわかりにくいが、

MODULAR Vはフィルターもエンベローヴも通さなくても音が出せる。

 

MODULARは9つのオシレーターに4つの波形が入っていて

それをミキサーにパッチングすることで発音する。

2つ以上のオシレーターを使場合はリンクボタンを点灯させる。

フィルター

セルリアンブルーの線でつながっているのがフィルターです。

ミキサーのした(VOL)と書かれているしのたAM OUTと書かれているジャックから

フィルターインに結線します。

なんとなく流れがわかってきたかもしれません。

 

フィルターの種類は

LOW PASS

HIPASS

COUPLER

MULTIMODE

の4つを選択し、

それを3つ同時に使うことができます。

一番オーソドックスなのはやっぱりLOW PASSフィルターです。

非常に良い切れ味をしています。

 

エンベローブ

さて次はこのフィルターに通った音をエンベローブに通します。

MINIMOOGでいうところのフィルターの下の段にいくイメージです。

やり方はフィルターのOUTをセクション2の右端にあるENVのVCAにパッチングします。

これで一般的なシンセサイザーの流れが完成です。

1VCO(SAW) 1VCF 1VCAの流れです。

思ったよりは難しくなかったと思います。

色々出来すぎるシンセなので、とりあえずはシンプルにするところから始めるとよいでしょう。

 

自力で全部のぱっちんぐをゼロにしてもいいですが、

Arturiにはシンプルなテンプレートが用意されています。

これを選べば先程作ったものと同じものを呼び出せます。

そうすると先程のわかりくいケーブルだらけのシンセがこんなにすっきりします。

早くいってよーという気持ちでしょうが、

できるのあれば、一つ一つ確認した方が

身につきやすいです。

 

でもわからなければまずそのテンプレートを読み込んでシンプルな状態にしましょう。

 

スポンサードリンク

さいごに

モジュラーシンセを使うときの最大のポイントは

音の流れです。

 

[オシレーター]→[ミキサー]→[フィルター]→[アンプ[(出力)

 

これさえ理解できていれば実はそれほど難しくはありません。

 

次回は音色エディットです。

正直私も全部使いこなしているわけではありませんが、

一般的な音色ならパッチングシンセでつくることができます。

モジュラーシンセを理解できると

音作りの幅がめちゃくちゃ広がりますので

是非オススメです。